ホーム > ベーシックインカム, 社会システム, politics > ベーシック・インカム ~本当の奴隷制度の廃止 その2~

ベーシック・インカム ~本当の奴隷制度の廃止 その2~

前回は「世界が10人の村だったら」に例えて書きました。で、これ100人っていうのがスタンダードだったんですが、この例では10人の方が解りやすいと思って10人にしました(為念)。

で、アップしてからやっとあんな長編だった事に気付いた(笑)。何度かに分割すれば良かったですね、謝謝。

で、今回はあれの解説。

 

あのお話の中で、「死んでしまった発明家のアイディア」っていうのが、前々回言ってた「社会資本」というやつです。

一般的には「社会資本」というと、道路だったり、電話線だったり、水道だったりという「公共財」的な意味で使われる事が多いと思うんですが、だれかが思いついた便利な「アイディア」も、そういった意味での「公共財」だと思うんですね。

 

例えば、車輪とか。

あれは、大昔のどっかの誰かが発明したものですが、その誰かのおかげで、今の自動車や自転車やオートバイ、飛行機、キャスターその他、今の僕達ははかりしれない恩恵に浴している訳です。

でも、その発明した人はもうとうに死んでしまっている訳で、もちろん「特許」なんて無い。なので、「車輪」を使う事に僕達は一銭もお金を払っていないのです。

でも、その恩恵たるや計り知れず、今この世から「車輪」が無くなったら??

と考えると、これはもう大変な事態です。きっと社会は崩壊状態です。いやいや、マジで。でしょ?

このようなものが、それこそ計り知れない程有る事によって、我々の社会は回っていると。

 

ニュートンが
「私がさらに遠くを見ることができたとしたら、それはたんに私が巨人の肩に乗っていたからです。」
と言ったそうですが、彼が万有引力の法則を発見出来たのも、先人達の業績が有ったからこそです。ピタゴラスや、ガリレオや、ダ・ヴィンチやその他あまりに大勢の業績の上に彼が最後の一片を乗せた。

大事なのは、この業績は、全面核戦争かなんかで人類の文明が絶滅でもしない限り、増えていく一方だ、という事です。

つまり、人類の知恵は減る事が無い。預金でいえば残高が絶対減らない口座です。すっげー事ですよ、これは(笑)

そして、それがある一定の線を越えるとどうなるか?

 

前回の記事のように、殆どの仕事(機械的な労働)を機械やコンピュータが代行してしまって、一切人間が働かなくても全員が衣食住に困らない世界がいつかやってきます。これは時間の問題です。そして、そうなったら、少なくとも衣食住は市場原理によって「無料」になるでしょう。

これは、技術という「社会資本」が臨界点を越えたので、その還元が全員に、それぞれが必要とするだけ与えても枯渇しない状態になった訳です。

何故なら、科学はそこを目指しているし、人間の欲求がそこに向かわせるからです。誰でも楽がしたい。これは相当なモチベーションです。

でもそれは遠い未来であって、今は関係が無いじゃないか? と思う人もいるかもしれませんが、こういう進歩はいきなり0から1に達成されるものでは無いので、実は現在も、そこに向かう5合目位までは来ている可能性が有るんです。特に先進国では。

だから、知恵によってなしとげられる事で、まだ「無料」まではいってないが、その知恵によって得られているものを、全員に平等に分配すれば、少なくとも現状よりも人々の生活は相当楽になっているはずなんです。

でも、あのお話では、「ロボット」が出てきた事によって逆に「貧乏」になってしまっていました。

何故か?

 

それは、知恵の恩恵を、何らかの理由(早い者勝ちしたか、単に運が良かったのか、資本力があったのか)で、それを独占する人(10人の村の科学者)が出てきてしまったからです。そこに矛盾、独占があった訳です。

あのお話では、知恵を理解できる他の科学者や、特許や、独占禁止法や、通貨量やデフレーションなどの細かい設定は、理解の単純化の為に省いていたので、現実の社会にそのまま当て嵌る訳では当然無いのですが、問題の本質はああいう事なのは変わりません。

 

そして、現実の社会では、あれと似た事が正に現実化しています。

貧富の拡大、雇用問題、社会不安、失業率の増大、南北問題、飢餓。

この問題は解決しない限りどんどん悪化していきます。そして、一番分かり易く
シンプルに対処できる解決方法の一つがベーシックインカムなんだと思うんですね。

 

ベーシック・インカムについての書籍

ベーシック・インカム入門-光文社新書-山森亮

実は意外と昔から有るベーシック・インカムの発想、その歴史や、その考え方の生まれた社会背景などに詳しい良書です。

 

広告
  1. XrSHY !
    2009/11/2322:15

    日本は 「立憲君主制国家」 です。

    株式会社は 「準則主義」 という新しい法律解釈により設立されますが、
    「日本銀行=中央銀行=発券銀行」 は未だに 「特許主義」 という

    「君主もしくは国の特許が必要とされる」

    といったシステム上の法人です。

    日銀はジャスダック市場に上場してますが、それにも拘わらず(会社四季報等をご覧になればお分かりの通り)株主の構成や会社概要が公開されていません。

    日銀は世界の中央銀行と連携して日本の金融政策を決定していますが、これは日本経済にとっては 「万力」 のようなもので、単純に 「マネーサプライ」 を増やせば景気は良くなり、減らせば悪くなるのです。
    これを通常は、金利政策によって間接的にコントロールしているのですが、直接的な量的規制に至る事もあります。

    日本銀行の有する最も特権的な権限は、日本銀行券=円の発行権限ですが、これは政権維持政策に利用されないためとの理由から、国会や行政から分離独立しており、日本銀行の裁量次第で決まります。
    これを 「中央銀行の独立性」 といいます。

    非常事態が起きた時は内閣(だったかな?)の権限(政令?)により紙幣を印刷する命令を下す事も法律上可能ですが、以上から言える事は

    「国家権力から独立して日本経済を左右する日本銀行の背景には(国ではなく)君主の存在がある」 

    という事です。

    カンボジアのポルポト政権を見れば分かる通り、プロレタリア・イズムは歪んだ共産主義者に利用されます。

    給与を支払う会社の経営者も決してブルジョワジーなどではなく、銀行から金を 「借りて」 経営している以上、所詮プロレタリア(労働者階級)の一です。

    奴隷制度の上に君臨しているのは会社経営者などではなく 「中央銀行ネットワーク(G20)」 であると言えるのではないでしょうか。

    P.S.
    ご存知かもしれませんが、近年の宗主国は、現地国民にそこが植民地であるとは悟られないように 「傀儡政権=マリオネット政権」 を利用するのが通常です。
    (暴動により宗主国の君主が命を狙われたら終わりだから)

    例えば北朝鮮がSCO(上海協力機構)に加盟出来ないのはそういった理由がある、と中国は述べています。

    「真面目に政治を行う」 という事は 「政治家が自らの利権と保身に走らない」 という事を意味しますが、
    裏を返せば 「我が身を捨てて利権を放棄する」 という事が言えます。

    先日、統一教会員に 「世界平和のためにはどうするべきか?!」 というアンケートをする目的で声をかけられました。

    世界平和のためには極貧国からの搾取によって豊かさを得ている国が利他的になる他ありません。

    ですが、 「世界平和という言葉を盾にして、世界から利権の剥奪と集約を目論んでいる宗教が存在する」 としたらどうでしょうか。
    また、その宗教が世界中で名を変えて存在し、ネットワークを持っており、同時に銀行利権を持っている集団であるとしたら?

    あるべき 「真面目な政治の姿」 を考えるのは良い事だと思いますが、あんまりプロレタリアを掻き立てるような内容は(立場上)社会的影響を考慮して発言した方がよろしいかと思いますよ。

    • takaronozaki
      2009/11/2403:14

      ん?其れは所謂陰謀史観的なあれのことか?
      言っとくけど俺は赤くないぞ(笑)

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。